どんな暮らしをしていても気になってしまうのが生活費です。食費や水道代など気づいたら予想しているよりオーバーしていることも多々あります。実は意外なところを見直すことで節約につながるケースもあります。更に普段使っているスマートフォンも契約内容の見直しで節約が可能かもしれません。実際に節約できそうな部分の解説を見てみましょう。

【目次】

使っているネット回線を見直し節約!

料金の見直しをしている様子ネット回線には様々な種類があり、種類ごとに月額料金なども異なります。
契約内容やプランなどを見直すことで、使い方に合ったネット回線を選択することができて、月額料金を節約することも可能です。
月額料金に不満がある場合にもネット回線の見直しは有効な方法です。

インターネットの利用頻度が低く、あまり速度も求めていない場合や、少しでも安くインターネットを利用したい場合にはADSL回線への乗り換えが最適です。
ADSLは電話回線を使ったネット回線となっていて、月額料金は1000円から2000円前後となっています。
最大の通信速度は50Mbpsとなっていて、高画質な動画を大量に視聴したり、大量の画像の読み込みなどでは少し速度が遅く、快適に使いにくくなります。
しかしその分利用料金が最大でも2000円前後となっているので、光回線などのほかのネット回線からの乗り換えでの節約効果はとても高いです。
セキュリティなどの様々なオプションがあるので、速度が遅いだけで基本的には普通のネット回線と同じように利用できます。

ADSLでは電話回線をそのまま使ってインターネットに接続することになります。
既存の電話回線を利用するので通常の光回線のような、回線を自宅に引き込む工事や配線を行う作業などの大掛かりな工事が不要です。
工事が不要でインターネットが利用できるので、工事費も必要なく乗り換えでも費用面での負担が掛かりにくいというメリットがあります。
光回線では工事だけで2万円や3万円程度の費用が掛かることがあり、最大だと4万円以上の費用が掛かることもありますが、ADSL回線であればほかのネット回線と同じ機能が使えますが、工事や工事費が不要で節約にも効果的です。

ネット回線の見直しを行えばとてもお得にインターネットが利用できるようになりますが、契約期間内に乗り換えを行う場合には、現在契約しているネット回線を解約する必要があります。
契約期間内の解約だと違約金や解約金が発生し、違約金の支払いを行わなければ乗り換えができません。
違約金は数千円程度の場合もありますが、最大だと1万円を超える違約金が必要になることもあるので、ネット回線や料金プランを見直すタイミングには注意が必要です。
契約更新月の解約であれば違約金は一切発生しません。

例えば、ドコモ光解約の手順をみても解約のちょっとしたコツというものはありますので、解約をする前に事前に調べてみましょう。

ネット回線の乗り換えで月額料金を安く抑えたり、節約したい場合には解約しても違約金が掛からない契約更新月が最適です。

関連記事

この記事をシェアする